大阪府東大阪市の「小阪病院」精神科・神経科・内科 | 認知症相談、駅近、駐車場有

「私たちは人間が人間らしい生活を過ごせることに貢献します」

小阪病院概要

名称
社会福祉法人天心会 小阪病院
所在地
〒577-0809 東大阪市永和2-7-30
電話番号
06-6722-5151
FAX番号
06-6722-5121
開設者
社会福祉法人 天心会
管理者
[院長] 東 司
病床数
537床
診療科目
精神科/神経科/内科
外部評価
日本医療機能評価機構(精神病院種別B)認定

東大阪市永和2-7-30  06-6722-5151

スタッフインタビュー:教育委員会メンバー

スタッフインタビュー:教育委員会メンバー

小阪病院・スタッフインタビュー 教育委員会メンバー教育委員会より小阪病院に興味を持っていただいた人に、小阪病院の教育についてお話しします。 教育理念は小阪病院の理念に基に「生涯を通じて人間として学んでいくという姿勢を持ち続ける人間を育成する」となっています。 方法と致しましては、精神科の専門職としての実践能力の向上、経営の感覚、創造性の育成、職場の活性化につながる人間育成を考えて行っています。

看護師の教育は効果的な目標管理を行うために、個々の看護者が社会のニーズや各個人の能力および生活に応じてキャリアをデザインし、自己の責任でその目標達成に必要な能力の向上に取り組むためにクリニカルラダーを導入しています。

全看護職員を対象にクリニカルラダーに沿って臨床看護実践、マネジメント能力を高める職能評価を行い、各レベルに応じた必須研修と専門研修、特定研修を通して段階的に学んでいきます。 クリニカルラダーはラダーステップとして1から5段階のステップに分かれており、それぞれのステップに応じた臨床実験や能力開発のプログラムが組み込まれています。 看護部以外の職員は各部署と教育委員会が連携をして、その方に必要な研修が受講できるようにしています。 小阪病院・スタッフインタビュー 教育委員会メンバー代表的な研修と致しましては、レベル1研修では、患者理解についてというのを行っています。患者理解のためのコミュニケーション力を心理の観点から考え、養っていただくという研修を行っています。 レベル2研修では、自己理解、他者理解という研修があり、自己の傾向を知り、自己・他者の理解を通じての人間関係能力を養っていただくようになっています。 レベル3研修としましては、リーダーシップ研修があります。中堅看護師の役割、人材育成について理解し、中堅看護師として職場での役割を理解する研修になっています。 レベル3研修としましては、意識改革研修もあり、理想のリーダー増であるとか、問題解決のためのコミュニケーションを考えて自己目標が設定でき、立て方が理解できる、問題把握研修というものもありまして、カウンセラーとしての基本的態度、技能を本や講義からだけではなく、擬人法の体験学習によって学ぶというものもあります。 レベル4研修としましては、問題把握研修があります。例題からカウンセラーとして対象者の問題把握の仕方を学ぶという研修があります。 小阪病院・スタッフインタビュー 教育委員会メンバー卒後2年目研修は宿泊研修がありまして、精神障害者を取り巻く情勢を知っていただき、患者サービス、安全対策などについて理解を深めることができる、悩みや本音を語り合い、小阪病院内のメンバーシップの向上を図る、ゆったりとした環境の中で仕事のことについて本音で語り合えるといったような内容の研修になっています。 その他の研修としましては、専門・特定研修がありまして、各疾患の研修、薬物療法、精神保健福祉法、個人情報、医療安全、CVPPPなど、さまざまな研修を受講していただき、小阪病院の理念を考え、行動できる人が育成できるようにサポートしています。

小阪病院・教育理念はこちら

クリニカルラダー:看護師対象はこちら

クリニカルラダー:準看護師対象はこちら

クリニカルラダー:看護補助者対象はこちら